HOME > 木製バット

北海道産木製バット

主に北海道の木材で作っています。

一部道外材も御座います。

ブランド名 WILD AXE  斧を振り回す様にかっ飛ばすという意味合いを混めて。
もう片面には北海道のマーク。北方領土もマークしています。
北海道の中にある小さな星マークは ここ 芦別市です。

木製バットが出来る迄

生の角材を粗彫り

CIMG8135.JPG柔らかいのでさくさく切れます
ここで角材から丸く削ります。削りすぎると乾燥後の暴れの修正が出来なくなり。
太すぎると仕上げの削り代が多く作業時間がかかります。


この様な感じで人工乾燥

CIMG8131.JPG低温の人工乾燥釜に発送
2〜3ヶ月ゆっくりと乾燥させる。木目や樹種に寄っては ヒビ 曲がりが出て使えなくなってしまう材も有り。
写真は メジロ樺 ヤチダモ アオダモ トネリコ 楓


人工乾燥から戻ると

CIMG7823.JPG削り代を少しづつ深くしバットの形状に
削りやすい木とそうでない木色々有ります。
バイトの種類を変えていろいろと調整。グリップ部は細くビビりに注意しながら加工。
写真は イチイのサインバット。

サンダーで仕上げたバット材を塗装

CIMG8968.JPG掴み代は残したまま塗装
木目を残すタイプやそれさえも塗りつぶすタイプも有。4原色を組み合わせて希望の色を調合する。


マークを印刷

2.JPG板目にマークを打ちます
北海道産をアピールしてます。北海道のマークの中に有る小さな星 芦別の所在地です。


グリップエンド

グリップエンド.JPG
好みにより2種類作成しております。 


木製バット 20160129bat
  
約(88cm長)約0.6Kg ¥4500



写真 1  2  3  4  5  6 

センの木。 グリップ φ24mm 先φ58mm ノックバットです。
10
木製バット 20160913bat
  
約(950〜1000mm長)¥3980



写真 1  2  3  4  5  6 

木製バット半製品材。 写真は見本で楡です。他にカバ、カエデ、トネリコがございます。 上2本 荒加工(グリップ約φ30mm)。 下2本 サンダー加工(グリップ約φ24mm)。
10
木製バット 20160817bat
  
約(64mmφ)×(860mm長)2set ¥5980



写真 1  2  3  4  5  6 

B品です。樹種はメジロカバ。880gと940g。グリップに ヒビ 有り 東京迄の運賃 税別¥1570 グリップφ23mmです。
10
木製バット 20160612bat
  
約(65mmφ)×(840mm長)¥6980



写真 1  2  3  4  5  6 

グリップ φ24。 アオダモ(トネリコ)
10
アサダ(浅田) 木製バット 20160525bat
  
約(64mmφ)×(840mm長)約1Kg ¥5980



写真 1  2  3  4  5  6 

グリップ φ24 北海道で一番重たい材です。
10
イチイ(一位) 木製バット 20160720bat
  
約(65mmφ)×(840mm長)約0.7Kg ¥12000



写真 1  2  3  4  5  6 

グリップ φ24。 サインバット用です。
10
カバ(樺) 木製バット 20160608bat
  
約(65mmφ)×(850mm長)約1.1Kg ¥5980



写真 1  2  3  4  5  6 

グリップ φ24 。一部緑のペイントが入っているためB品です。赤身白身の混合です。
10
シデ(四手) 木製バット 20160614bat
  
約(65mmφ)×(840mm長)約0.9Kg ¥5980



写真 1  2  3  4  5  6 

グリップ φ25
10
タモ 木製バット 20160613bat
  
約(63mmφ)×(840mm長)約0.9Kg ¥4980



写真 1  2  3  4  5  6 

グリップ φ24 一部緑のペイントが入っているためB品です。グリップエンド一部欠けています。ヤチダモとなります。
10
トネリコ 木製バット 2016112bat
  
約(60mmφ)×(800mm長)約0.9Kg ¥4550



写真 1  2  3  4  5  6 

グリップ φ24 グリップに色飛びあります
10