HOME > 樹種別 > サクラ(桜)

        

商品の共通事項
+荒鉋、荒サンダー仕上げでも削り残りがある場合があります。
+ 小節、割れ、虫穴などは、チョークでマークしていますが 印が無い場合もあります
+ 重い材は荷下ろしに人手が必要な材もございます。
+自然素材のため割れ・曲がり・反り等発生する可能性ございますが,ご理解の上ご購入ください。
サクラ(桜)の特徴
バラ科サクラ属の落葉広葉樹。散孔材
チップは薫製として人気がある。
製材時には甘い良い香りが漂う。
天然乾燥中にヒビ 曲がりが発生しやすく
幅広で無欠点材は取れにくい。シュリ桜は赤身と白太のコントラストは似ているが香りは異なり、狂いも少ない。
シュリサクラ(朱利桜)の特徴
バラ科サクラ属の落葉広葉樹。散孔材
白太が虫に食われやすい。樹皮を取らないと確率が非常に高い。
樹皮はサクラとは異なるが 板は少し似た感じ。
香りはサクラとはちがいいい香りがしない。
乾燥に寄る変形は少なく 昔は上記に使われていた。